3代目館長に就任いたしました髙松です。

 初代・小椋館長は、大海に乗り出す船をイメージしてデザインされた記念館を、「龍馬への入り口」と位置づけて、今日の館の礎を築かれました。

 また、森・前館長は、熱い思いを迸らせながら「龍馬の殿堂」へと発展させてくださいました。

 そして、再来年には新館が姿を現し、郷土の歴史をテーマとした博覧会も始まろうとしています。

 「世の人は われをなにとも ゆはゞいへ わがなすことは われのみずしる」という有名な龍馬の言葉がありますが、いまの私は、「わがなすことは われさえもしらず」というのが正直なところです。

 記念館の4半世紀に及ぶ歩みに学び、一日も早く、己のなさんとすることを見出し、記念館という小さくはあるが数多の方々の大きな夢と希望を乗せて大海を行く船が、決して迷走することの無いよう、乗り組む仲間たちとともに「宜しく公儀に決」しながら、愚直に前へ進んでいくことを旨としていきたいと思います。


                  高知県立坂本龍馬記念館 館長  髙松 清之


リニューアル完成予想図