2009年3月アーカイブ

明日から「近世土佐の焼き物」展が始まります。

伊万里や唐津に劣らないとも評される土佐の焼き物「尾戸焼」「能茶山焼」がズラリ勢揃い!
これまであまり人目に触れる機会のなかった個人所蔵の名品だけを一堂に集めました。
weblog-090331-01.jpg
本物のかつおと見間違うほどにリアルな「尾戸焼 鰹形蓋物」。
かつおの身の部分が蓋になっていて、中に蒸し物などを入れて蓋をしておくと
いつまでも温かいままで食べられるようになっています。
weblog-090331-02.jpg
こちらも本物そっくりな「尾戸焼 南京形振出」。
野菜売り場にあったら、気付かずに手に取ってしまいそうです。
“振出”とはお茶道具の一種で、金平糖を入れる器。
かぼちゃのヘタ部分が蓋になっています。
weblog-090331-03.jpgweblog-090331-04.jpg
「尾戸焼 いられ燗」です。
“いられ”とは土佐弁で“せっかちな人”という意味です。
通常、日本酒の熱燗は沸かしたお湯の中に徳利を入れ湯煎をして温めますが
この徳利は上から見るとドーナツ形をしており、すばやく熱が伝わる仕組みになっています。
さらに、湯煎ではなく炭をおこしたところに直接くべて温めます。
“いられ”な土佐人独特の文化です。 

「ワシはいられ燗でも酒が沸くのが待てんきに、最近は“冷や”で飲みよらーよ。」
とは土佐歴史資料研究会のAさんの言葉。

この他にも、茶道具や徳利、皿など100点あまりの焼き物がご覧いただけます。
ぜひこの機会に土佐の焼き物に触れてみてください。
そして、土佐の焼き物を通して江戸・幕末の雰囲気を感じていただければと考えています。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
「近世土佐(江戸・幕末・明治)の焼き物」展
平成21年4月1日(水)~7月17日(金)
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

weblog-090320.jpg
札幌・坂本家に伝わる葛篭(つづら)を「坂本家の居間」に展示している。
蓋つき、木製、クロス張り。
「坂本」の金文字が印象的だ。
明治末期から大正時代の初めに郷士坂本家7代当主・坂本弥太郎が作り、活用したもので、かつては20個以上あったのだろう。
龍馬の資料もこの葛篭に入って北海道内を移動していたのかと思うと胸に迫るものがある。
葛篭には無造作に「坂本 桂 山内容堂 武市半平太 中岡 勝海舟 吉村虎太郎」というシールが貼られているが、この中には弥太郎が集めた画家・公文菊僊(きくせん)の描いた肖像画が入れられていた。
坂本直寛(龍馬の甥)に認められただけあって、婿養子の弥太郎は熱心なクリスチャンで、実業家としても大成した。坂本家への執着も強く、彼によって坂本家や龍馬資料は守られてきた。

直寛の長女・直意との間に10人の子どもがおり、その時々、正装した家族写真には弥太郎の意気込みが撮られている。
ここ数年、弥太郎さんをはじめ古今の坂本家の人々とおつき合いさせていただいた。
写真を見れば、誰がどんな様子だったのか、だいたい分かるようになった。
坂本家に対してどこか懐かしい親戚のような気持ちも生まれている。
龍馬精神を受け継いできた坂本家の人々や、海援隊約規についての半年に及ぶ企画展示はまもなく“千秋楽”。
土佐に旅した葛篭とともに、龍馬の資料や高松太郎らの遺品が北海道へ帰っていく。別れと出会いの春である。
さて、次の企画展は「近世土佐の焼物」展(4月1日~7月17日)。
名品、逸品が並びます。乞うご期待!ぜひご覧ください。

weblog-090307.jpg
春めいてきた。
張り詰めたような弧が緩み、水平線がかすむ日がある。
三寒四温を繰り返しながら、確実に春は来ている。 
入館者の服装もずいぶん軽くなってきた。
3月3日ひなまつり。2階の一角に、短歌愛好家たちの「乙女姉やんのひなまつり」という小さな展示が行われた。
70代から80代(もしや90代も)の方たちが張り切って色紙に書いた短歌を持ち寄ったもの。
失礼ながらお世辞にも"上手"とは言えないが、館長同様、龍馬も乙女姉やんも苦笑していそうなくらい元気がある。
龍馬ファンの方たちらしく、昨年の龍馬像建立80年の時も、記念の5月27日に賑々しくお祝いの会を自主的に開催された。とにかく元気。記念館でやるのが一番ふさわしいという意気込みがメンバーにあふれている。
中には最近まで九州で学ぶ高校生の孫を毎週末ごとに高知から送り迎えしたという70代の方もいる。
おばあちゃんパワーはすごい。
介護だ、デイケアだと、福祉施策がかまびすしく言われた時期が去り、今は派遣切りにニュースは集中している。ニュースが騒いだ後にいったい何が残るのか。
生きるということはブームではなく生きるという現実である。
語呂合わせのような短歌に苦笑しながら夜間に色紙を貼ったが、若者に負けない元気なお年寄りたちの姿はうれしい。老いていく両親を見ている身にはうらやましくもある。
「館長さ~ん」とやってくるおばあちゃんに、「もう来んでもえい」と館長。言われても屈せず、かくいう館長も追い返すではない。おばあちゃんのめげない精神に笑いがあふれる。
春の光が明るい。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて

このアーカイブについて

このページには、2009年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年2月です。

次のアーカイブは2009年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。