2010年1月アーカイブ

どうも、海窓隊長です。
最近、私だけがこのブログを更新しているので
とうとう先日、隊長に任命されました。
龍馬と一緒の"隊長"です♪

私が担当している仕事のひとつに「龍馬検定」の受検状況集計があります。
やはり『龍馬伝』効果でしょうか。
今年に入ってから受検者数が急激に増加しています。

2008年の8月から開始した「中級編」は昨年の1月に比べて受検者数が4倍に!
合格率は25%。延べ301名の方が受検され、75名の方が合格認定証を手にされました。
「ちょっと試しに...」と受検して、「おっと!意外に難しいぞ」と1回のみでやめる方が3割。
そこで諦めなかった方は2回、3回と受検されて、4回以内で合格される方が多いです。
6回というのが最多受検回数で、皆さん合格されています。

weblog-100128.jpgなかなか合格できないのが、同じく2008年11月15日から開始した「上級編」です。
あまりに難しいので、ホームページで参考図書もご紹介しているのですが、
中には、実際に龍馬ゆかりの地に行ってみないと解けない問題もあり、
上級合格者は199名の受検者のうち、わずか9名です。

この「龍馬検定上級編」にまつわるひとつのドラマをご紹介します。
東京のIさんは、昨年7月にお子さんが生まれ、「りょうま」と名付けられた龍馬ファンのお一人。
「マニアというほどでもないけれど、龍馬についてはかなり詳しいほう」と、
中級編をパスして受けた上級編。
結果は50問中、正解が9問と惨敗...。
「不合格だと悔しくて、また受けたくなる。最後は意地になってパソコンに向かった...」
受検状況を見ると、合格までのIさんの日々の様子がよく分かる。
毎日受検しているかと思いきや、1日まったく受けない日がある。
この日は参考書で勉強をされていたとのこと。
翌日はまたパソコンに向かい難問と勝負!
午後11時勝負は一旦中止。
きっと夢の中でも頭は龍馬のことばかりだったのではないだろうか。
翌日も仕事を終えて帰宅してから数時間、ひらすらパソコンに向かい勝負!
午前0時を過ぎ、日付をまたいでもなお受検し続けることも...。
最初に受検してから9日後、ついにIさんは合格☆
なんと55回目の挑戦でした。 

龍馬検定に合格すると、龍馬記念館の掲示板に龍馬普及大使としてその名が刻まれます。
また中級編、上級編それぞれに、認定証や副賞もご用意、
上級編の合格者には「龍馬記念館生涯無料パス」も贈られます。

インターネット「龍馬検定」は当館ホームページから挑戦できます。
「我こそは!」という方、挑戦をお待ちしております☆

※中級編は常時開催。上級編は次回3月か4月に開催いたします。

 

weblog-100113.jpg龍馬記念館の受付ホールにある梅の花が今満開です。

この梅の花は、1月12日より始まった「龍馬のルーツ展」に合わせて
龍馬の先祖が住んでいた高知県南国市の"才谷"の方がお持ちくださったものです。
南国市の才谷には、坂本家の初代・太郎五郎、2代・彦三郎、3代・太郎左衛門の墓があり、龍馬ゆかりの地として地域興しに力を入れている元気いっぱいの町です。

「才谷梅太郎」という名前をご存知でしょうか?
坂本龍馬の"変名"のひとつです。
西郷伊三郎、取巻抜六など、様々な変名を持つ龍馬ですが、
他の変名とは一風違ったこの変名は、
自らの故郷である才谷村に咲く梅の花を思い浮かべながら付けた名前なのです。
日本中を駆け回っていた龍馬の心には、いつも故郷の土佐があったということでしょう。

1月11日の展示替えのときには
蕾が硬く閉じているように見えたこの梅の花。
「本当に咲くろぅかねぇ。」
と言いながら眺めてから2日後の今日、
紅色の可愛らしい花を一気に咲かせました。

今朝の高知の最低気温は「マイナス2度」。
高知で0度以下になることは、一冬にそう何回もないことです。
そんな寒い寒い朝に、龍馬の梅が花を咲かせました。

どうぞ皆さん、ひと足早いお花見に龍馬記念館へお越しください。

weblog-100101-1.jpg2010年1月1日午前7時10分
生まれて初めて初日の出を見ました。
しかも一人で・・・。
見ようと思って見に行ったわけではなく、
仕事のためはからずも・・・と言ったところでしたが、
何ともお目出度い感じで、2010年の幕開けを迎えることとなりました。 

「御免よ!御免よぉ!!」 

桂浜の龍馬像前に、ひとりの飛脚が走り込んできた。

「坂本龍馬さんへの年賀状をお届けに参りました!」

龍馬記念館の館長がそれを受け取り龍馬像の前へ。 


「龍馬へ年賀状を書こう」というイベントのもとで、
昨年10月20日に年賀状を発売、3000セット(15000枚)が即完売となりました。
この年賀状セットは、龍馬の写真が印刷された年賀状5枚と、
坂本龍馬宛に送る年賀状1枚の6枚セットとなっています。
龍馬への年賀状は2010年1月1日、桂浜に立つ銅像の龍馬へ届けられ、
配達式の様子は、インターネットで生中継されることとなっていました。
初めての試みです。
一体どれくらい龍馬への年賀状が届くのか・・・、
年賀状配達式にはどれくらいの人が来てくれるのか・・・。

そして迎えた2010年1月1日。
桂浜は快晴。
初日の出は写真の通り。(素晴らしい!!)
桂浜は初日の出を見に来られた方で賑わい、
そのまま、たくさんの方に「龍馬への年賀状 配達式」にもご参加いただくことができました。

配達式では龍馬に届いた年賀状が読み上げられました。
龍馬のご子孫や、高知県知事、高知市長、
『龍馬伝』で龍馬の初恋の相手・平井加尾役を演じる女優の広末涼子さん、
全国の龍馬ファンからもたくさんの年賀状が届き、その総数は、
なんと 464枚 になりました☆
その年賀状は「龍馬街道」のホームページでご覧頂くことができます
http://www.ryomakaido.com/nenga2010/


weblog-100101-2.jpg地元・土佐女子高校書道部の皆さんによる書き初めや、
龍馬姿の高知桂浜郵便の大崎局長のご挨拶、
集まってくださった皆さんとの記念撮影などをして、
配達式は大成功となりました☆

今日はこの配達式の司会のため、朝5時起床。
6時半頃から桂浜に一人たたずみ、
人生初の初日の出を見ることとなったのでした。
桂浜で龍馬と共に見た“夜明け”は生涯忘れないでしょう。


☆写真のワンちゃんは、高知桂浜郵便局の大崎局長さんの愛犬「龍馬くん」。
今日の式典に龍馬姿で出席した大崎局長を、同じ紋付姿で、ずっと見守っていました。
龍馬と同じ11月15日生まれだそうです。

 

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて

このアーカイブについて

このページには、2010年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年12月です。

次のアーカイブは2010年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。