2011年3月アーカイブ

筆まめ☆虎太郎

user-pic
0

weblogDSC_0791.jpg

「龍馬の先を駆けた男-吉村虎太郎」展も、
残すところ10日あまりとなりました。
そして本日、新たな展示資料が追加となりました。

奈良県を拠点に活動する
「維新の魁・天誅組」保存伝承・顕彰推進協議会所蔵の、
吉村虎太郎の陣中書です。

吉村虎太郎から橋本若狭に宛てたもので、
九月九日付の二通の書簡がおさめられています。
この日、本隊は白銀岳にあり、
橋本若狭は麓で激戦を繰り広げていました。
二通とも橋本若狭から戦闘状況を伝えてきたものへの返事と思われ、
「お手紙の内容承知いたしました。なお詳しいことは、また後ほどお知らせください。」
「すぐに出陣させましたので、ご承知ください。」
という短いものです。

実は吉村虎太郎の手紙には、このような"連絡事項"的なものが多くみられます。
「○月○日にお伺いしますので必ず家にいてください。」という手紙や、
「江戸へ下った武市半平太からの手紙で、去年大坂で買ったものを高知へ預けてあり、
それを江戸へ送るよう伝えてほしいと頼まれたので、伝えてください。」など
虎太郎の几帳面な性格と筆まめな様子が伝わってきます。
武市半平太も虎太郎の筆まめを知って依頼したのではないでしょうか。
これが龍馬だったら、すっかり忘れてしまい
江戸へ下った武市は、土佐からの荷物を待ちぼうけ...になるところでした。

庄屋として、村人のことに気を配り、
皆に慕われていた虎太郎らしい一面です。
筆まめ虎太郎の手紙をぜひご覧ください。

weblogDSC_0003.jpg「龍馬の先を駆けた男-吉村虎太郎」展、好評開催中です☆
受付で「虎太郎展はどこですか?」と聞かれることも多く、
虎太郎展を目当てにきてくださっている方も多いようです。

さて今日は吉村虎太郎展の展示資料の中から
「吉村虎太郎の銀の陣中箸」をご紹介いたします。
これは、文久3年9月25日、敗走していた虎太郎が、
匿ってもらった堂本家を出発する際にお礼として残していったものです。
持ち手部分はべっ甲、先端部分は銀でできてて、
大きさは20センチ程、持ち運びがしやすそうです。
今流行りの"マイ箸"のよう。
虎太郎もエコだったんですね♪

先日、天誅組の三総裁のひとり松本奎堂の出身地である
愛知県刈谷市の市長さんがご来館された際、
このお箸をご紹介したところ、
「銀は毒に反応するからだねぇ」
という話を教えていただきました。
昔は、ヨーロッパの王様も、毒が入っていればすぐに分かるように、
ワインを銀の杯で飲んでいたとか。

虎太郎展の期間中、こうしてお客様から教えていただくことも多く、
説明を加えたりと、内容を充実させていっています。
また、新たな資料をお借りして追加しておりますので
何度お越しいただいてもお楽しみいただけることと思います。

「龍馬の先を駆けた男-吉村虎太郎」展、
あと一ヶ月をきりました!
虎太郎関係の資料を一堂に集めた、またとない機会です。
ぜひぜひお越しください。

今週末には虎太郎の故郷から津野山古式神楽がやってきます♪
虎太郎展とともにお楽しみください♪
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
★3月13日(日)1回目 11時~、 2回目 14時~
★高知県立坂本龍馬記念館
★虎太郎グッズ、津野町の物産販売、お茶の無料サービスもあります
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて

このアーカイブについて

このページには、2011年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年2月です。

次のアーカイブは2011年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。