2014年5月アーカイブ

P1160090-2.jpg

本日、記念館南側の八策の広場において
「土佐長宗我部鉄砲隊」による火縄銃の演武の練習が行われました。

練習と言っても、鎧を身に着け、火薬を使用しての本格的なものです。
6人が一列になって行進。
鎧で歩くとカチャカチャという音が。

実際の戦場ではこれの何十倍もの音が聞こえていたのだと想像させられます。

火縄銃の操作方法は...、
1、筒先から火薬を入れる
2、鉛のたまを入れる
3、取り付けのかるか(さく杖)で突き固める

P1160100-2.jpg


4、手もとに点火薬を盛りつける
5、火のついた縄を、火ばさみにはさむ
6、的にねらいを定める
7、安全のための火ぶたを開ける
8、引き金を引いて発射!

P1160120-2.jpg


想像をはるかに超える爆音。
泣きだしてしまう赤ちゃん。
すごい迫力でした。

 

火縄銃の本番の演武は5月17日(土)12:50より
現代龍馬学会の研究発表会でご覧いただけます。
研究発表会では現代龍馬学会の会員6名の研究発表の他、
長宗我部家17代目当主長宗我部友親さんによる基調講演も行われます。
迫力ある火縄銃の演武をご覧いただける貴重な機会です。
ぜひお越しください。


★第6回 高知県立坂本龍馬記念館・現代龍馬学会総会・研究発表会★
日程:2014年5月17日(土)  
会場:国民宿舎「桂浜荘」地下大会議室
時間:9:45~17:20(受付9:00より)
※参加希望の方は事前に電話(088-841-0001)でお申込ください

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて

このアーカイブについて

このページには、2014年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年4月です。

次のアーカイブは2014年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。