2015年1月アーカイブ

20150122104040783_0001.jpg

 

今年は龍馬生誕180年。
高知では様々なイベントが予定されています。
本年は龍馬の誕生日11月15日が日曜日にあたり、
当館の開館記念日恒例となった"手筒花火"と
4回目となる"レッツゴー!ハンドインハンド"の両方を
11月15日に開催予定です。
同日は桂浜で"龍馬まつり"も開催され
より一層盛り上がりそうです♪

そんな2015年最初の企画展は
「龍馬を生きた~4代目坂本直道」展です。
龍馬には子どもはいませんが、明治4年、
「維新の功労者、坂本龍馬の跡を絶やしてはならない」
という勅命により甥の高松太郎(後の坂本直)が跡を継ぎました。
今回は、坂本龍馬家4代目の直道にスポットを当てた展示です。

この坂本直道さんの人生が実に面白い!
展示パネルを読むうちにどんどん引き込まれていく。
まるで1本の映画を見ているかのような"ドラマチック"な人生。

何より興味深いのは、龍馬と直道の共通点。
-武力を使わない時代改革のため日本中を奔走した龍馬。
・日米開戦を回避するためヨーロッパで奔走した直道。
-両藩の求めるものを見極め見事成立させた「薩長同盟」
・言論の自由は民間の手に!の考えのもと押し切った「テレビ放送の民営化」
本展では2人の人生をリンクさせながらパネルや写真でご紹介しています。

坂本家と言えば、以前に開催した「反骨の農民画家~坂本直行」展も大変好評でした。
直行さんは北海道の「六花亭」の包装紙のイラストを描いた人物です。
龍馬以外にも魅力的な人物がたくさんいる坂本家から目が離せません。
「4代目 坂本直道」展、ぜひぜひご覧ください!

 

33才

user-pic
0
s-DSC_1127.jpg

 

 

早くも1月の3分の2が過ぎてしまいました。
2015年最初のブログ更新です。
今年は恒例の年賀状配達式が
早朝ではなく午前10時からだったので、
"初日の出"を見ることはできませんでしたが、
元旦は見事な晴天でした。
(配達式を始めてから6年間元旦は毎年晴れです!)

今年、私は数えで33才。
龍馬に関わる者としては強く"意識する"年齢です。
日頃から「後悔をしない人生」をモットーに生きているので
時に大胆な行動をしながらも、一日一日を丁寧に
悔いのないように過ごしているつもりです。
でももし33才で人生が終わるとしたら...、
"生きた証"を残せているのか...。
「何事かを成さねば」と強く思わされます。

33年という生涯を色濃く生きた龍馬。
生きていた当時も、そして今もなお多くの人々を魅了しています。
龍馬の功績には"薩長同盟""新政府綱領八策"などが挙げられますが、
龍馬が残した一番大きなものは「志をもって生きる姿勢」だったのではないでしょうか。

この節目に、ちょっと立ち止まってみて
自分に出来ること、求められていることに
"志"を持って取り組んでいきたいと龍馬に誓った
2015年の1月です。

 

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて

このアーカイブについて

このページには、2015年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年12月です。

次のアーカイブは2015年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。