「別れ」 2017年1月11日

坂本龍馬のろう人形龍馬記念館の開館当初からお客様を迎えていた
「坂本龍馬のろう人形」が展示室から姿を消しました。

1月20日(金)から岡山県の林原美術館で始まる
「土佐から来たぜよ!坂本龍馬」展
に展示するためなのですが…、
もうこの龍馬記念館には戻ってこないとのこと。
永遠にお別れです。

このろう人形は、2階展示室へ入ってすぐ右側に展示されていたため、
驚いたお客様が「ぎゃあっ!」っと声を上げるのをよく見かけました。

学校遠足で来館した子どもたちに館内を案内する際は、
まず最初にこのろう人形の前に集まってもらい
龍馬の体格や性格についての説明から始めたものでした。
★「龍馬が生きていた時代の、大人の男の人の平均身長は150㎝ちょっとで
ちょうど私くらいでした。」
と言って、ろう人形の横に並んでみます。そして、
★「身長が173㎝もあった龍馬は、とても大きかったことが分かりますね~。」
という説明の後に、
★「でも、龍馬の3つ上の乙女姉さんは176㎝もあって“土佐のお仁王さま”
というあだ名で呼ばれていたそうです!」
と言うと、子ども達がどっと笑ってくれるので、私自身も、
子ども達も緊張がほぐれて楽しく館内を回れるのです。

また、学生時代からこの龍馬記念館に勤務している私は、
大学の卒業式の日に記念館へあいさつに来て、
袴姿でこの龍馬のろう人形と写真を撮ったことも懐かしい思い出です。

龍馬のろう人形はこの後、県外巡回展の岡山・広島会場で展示される予定です。
個人的には、東京へも連れて行ってもらって、
現在の江戸の景色を龍馬に見せてあげたいな…と思ってしまいます。

巡回展ではこのほかにも、龍馬の手紙(真物・複製)など
休館中だからこそ展示できる記念館所蔵品の数々をご覧いただけます。
お近くの方はぜひ各会場へお越しください。

********************************

土佐から来たぜよ!「坂本龍馬展」 会場と日程

★岡山 林原美術館
1月20日(金)~3月12日(日)
★熊本 熊本県立美術館
4月8日(土)~5月14日(日)
★東京 目黒雅叙園
6月1日(木)~6月25日(日)
★広島 ふくやま草戸千軒ミュージアム広島県立歴史博物館
7月14日(金)~9月10日(日)

********************************

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ryoma-kinenkan.jp/_mt/mt-tb.cgi/653

コメントする

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログ記事について

このページは、osakiが2017年1月8日 16:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「小さなことからコツコツと」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。