記念館周辺散策マップ
Walking map

桂浜公園探検マップ
Katurahama Walking Map

国民宿舎「桂浜荘」

記念館と隣接する公共の宿。
桂浜を眼下に客室からは太平洋が一望できます。
レストランや日帰り入浴のみのご利用も可能です。

住所/高知市浦戸城山803-25
問合/088-841-2201

浦戸城跡

記念館正面にある国民宿舎「桂浜荘」の駐車場に、浦戸城跡の石碑と、石垣の一部が移築されています。その奥の階段を登れば天守跡に行けます。

田中桃葉記念碑

昭和18(1943)年7月に建立されました。田中桃葉は高知出身の作家です。大町桂月を師と仰ぎ尊敬していました。

桂浜公園広場

桂浜公園にある広場です。周辺にはいくつもの売店があります。龍馬グッズや高知土産を取り扱っており、食堂を併設する店やイカ焼き、高知名物アイスクリンなどの店頭販売も行っています。

黒岩観光みやげセンター 高知市浦戸779-2 
(問)088-842-2737
加茂屋 高知市浦戸6      (問)088-841-2516
竹沢屋 高知市浦戸6      (問)088-841-2706
末廣屋 高知市浦戸6桂浜    (問)088-841-2525
山口屋 高知市浦戸6      (問)088-842-4705
アクアマリン 高知市浦戸6桂浜 (問)088-841-2416
野本屋 高知市浦戸6      (問)088-841-3664
龍馬の店(松村屋) 高知市浦戸6  (問)088-841-2564
八百川屋 高知市浦戸6     (問)088-842-1977
四万十川あおさのり 高知市浦戸6
龍馬の浜茶屋 高知市浦戸6   (問)088-841-2211

観光案内所と桂浜バス待合所

観光案内所ととさでん交通バスのバス停「桂浜」の待合所となっています。

桂浜公園駐車場

桂浜公園にある有料駐車場で、営業時間は午前8:30から午後6:00までで年中無休。収容台数500台。駐車料金は1日1回ご利用で、自家用車400円、バス800円、自動二輪50円となっています。

坂本龍馬彰勲碑

大正4年7月に建立されました。大小2つの碑が並び、大きい碑には、頭部に「故坂本龍馬先生彰勲碑」と記され、下に「東奔西走不顧身、長山薩海住来額、奇勲未奏罹奇禍、 遺恨千秋泣鬼神」と土方久元の龍馬を弔う七言絶句があります。またその下方には板垣退助の撰文が刻まれています。小さい碑は、細川潤次郎の「忠魂護皇基の碑」です。 「とこしへに国守るらんなき魂の皇后の宮のゆめに誓ひて」と刻まれています。

吉井勇歌碑

昭和32(1957)年秋に建立されました。吉井勇は歌人・劇作家です。歌碑は高知県下に8箇所あります。

坂本龍馬銅像

桂浜を見下ろす高台にある銅像です。昭和3(1928)年5月27日除幕。総工費2万5千円。銅像の高さ17尺5寸(約5.3メートル)。総高44尺5寸(約 13.4メートル)。台座裏の銘板には「時 昭和参年五月、建設者 高知県青年、原型 本山白雲、助手 島村治文、鋳造 角川健治、台座工事 宮本金太 郎」とあります。また昭和63年5月28日、司馬遼太郎氏が還暦を迎えた銅像龍馬にメッセージを寄せています。「銅像の龍馬さん、おめでとう。あなたは、この場 所を気に入っておられるようですね。私もここが大好きです。世界じゅうで、あなたが立つ場所はここしかないのではないかと、私はここに来るたびに思うので す。・・・(中略)・・・ 最後にささやかなことを祈ります。この場所のことです。あなたをとりまく桂浜の松も、松をわたる松籟の音も、あるいは岸打つ波 の音も、人類とともに永遠でありますことを。 司馬 遼太郎」

大町桂月記念碑

昭和4(1939)年4月に桂浜の浜辺に建立されました。大町桂月(けいげつ)は高知市出身の文人で、雅号桂月は月の名所桂浜に因み、桂浜月下漁郎を縮めたものです。

桂浜水族館

桂浜公園の浜辺にある水族館です

(問)088-841-2437

龍頭岬

龍頭岬(りゅうづざき)。桂浜の東側にある岬。西側には龍王岬(りゅうおうざき)があり、この2つの岬の間の浜が桂浜です。

桂浜

高知の観光名所。景勝地で龍王岬と龍頭岬の間に広がる砂浜で、月の名所として有名です。数々のスポットが点在した桂浜公園として整備されており、浜を見下ろす高台には坂本龍馬の銅像が建っています。

龍王宮

龍王岬の先端にある「海津見神社」の事で通称「龍王宮」。海神さまを祀る祠があります。

龍王岬

龍王岬(りゅうおうざき)。桂浜の西側にある岬。東側には龍頭岬(りゅうづざき)があり、この2つの岬の間の浜が桂浜です。

龍王岬展望台

龍王岬にある展望台で、晴れた日に条件が合えば室戸岬と足摺岬が見えるかもしれません。

高知灯台

明治16(1883)年、高知県が"龍頭﨑灯台"として桂浜に設置しましたが、戦後海上保安庁に移管され、昭和41(1966)年、"高知灯台"と名称を変更、昭和46(1971)年3月に全面的に改修して現在に至ります。

種間寺

四国八十八箇所霊場の第34番札所です。

(問)088-894-2234

若宮八幡宮

鎌倉時代から続き、長宗我部元親公ともゆかりの深い神社です。

(問)088-841-2464

長宗我部元親公初陣像

長宗我部元親公初陣像は、没後400年にあたる平成11(1999)年5月23日、地元有志によって建立されました。桂浜からはりまや橋に向かう道路沿いに見ることができます。

伝・長宗我部信親の墓

信親は永禄8(1565)年、岡豊城で長宗我部元親の長男として生まれました。天正14(1586)年10月、豊臣秀吉から九州出陣の先陣としての命を受け、22歳の信親は父・元親と共に3千の兵を率いて、九州統一を目指す薩摩の島津義久率いる3万の大軍を征伐する為、豊後(現大分県)に出陣。12月12日夕刻、長宗我部軍は中津留河原周辺に集結しました。薩摩軍1万8千が一斉に攻めかかり、元親の消息も分らぬまま孤立した信親は激闘の末、部下7百余人とともに討死。遺体は薩摩軍の手により埋葬されましたが、元親の命を受けた家臣が、薩摩より遺体を荼毘に付して遺品とともにもらい受け、浦戸の天甫寺に葬り供養していましたが、長宗我部氏の滅亡後、雪蹊寺に移され現在に至ったと伝えられています。

秦神社

明治初年、雪蹊寺が廃寺となったため、安置されていた長宗我部元親の木像などを御神体として創建されたもので、"秦(はた)"の名は、長宗我部の先祖が秦姓であったことに由来しています。

雪蹊寺

四国八十八箇所霊場の第33番札所です。

(問)088-837-2233

鶴田塾跡

鶴田塾は土佐藩の参政吉田東洋の開いた塾で、後藤象二郎や福岡孝弟、岩崎弥太郎らも育った塾です。東洋は安政元年江戸出府中に、山内家の親戚で旗本の松下嘉兵衛に無礼をし蟄居を命ぜられました。この塾はこの蟄居中に開いた塾です。

長宗我部元親の墓

元親は天保8(1539)年、岡豊城主・国親の子として生まれました。永禄3(1560)年5月、22歳で長浜合戦で初陣を飾り、同年・父・国親の死後は戦陣に明け暮れ15年で土佐を統一、続いて10年をかけた天正13(1585)年春、四国を平定しました。しかし、この年の8月秀吉の四国征伐の前に降伏し、土佐一国の領有を許されました。翌14年、秀吉の命を受けた豊後戸次川の戦いで、最愛の長男・信親を失いました。戦国武将であった元親は、その後政治家としての面目も発揮します。今に残る長宗我部地検帳や長宗我部元親百箇条などの法令を制定し、大高坂城(高知)を経て浦戸へ移転し、浦戸城主となり城下町を建設しました。慶長4(1599)年5月19日、61歳。伏見の邸で亡くなりました。

高知桂浜郵便局

高知桂浜郵便局では、郵便物に坂本龍馬銅像・桂浜龍王岬・坂本龍馬記念館をあしらった消印を押印してくれます。取扱い時間は月曜日~金曜日の午前9:00~午後17:00です。

(問)088-842-3986

六体地蔵 一領具足の碑

六体地蔵は、昭和14(1939)年12月、野市町吉祥寺の住職堀川善明尼が、一領具足の供養のため、広く浄財を募り建立したものです。一領具足の碑は、土井晩翠の詩、寺石正路撰文、野村茂久馬の書による碑で六体地蔵の横に建っています。