会期:2013年2月1日(金)~2月28日(木) 9:00~17:00

see-gallery20130201-ryomaga.jpg

龍馬や彼に関わる人々・文化等に焦点をあて検証・考察する、現代龍馬学会パネル展。新たな観点から学び前進する、会員たちの活動をご紹介いたします。

【パネル発表】

  • 右城猛氏「龍馬は私の偉大な先生」
  • 小島博明氏「鐔は知っている」土佐の幕末維新 連載を終えて
  • 川﨑弘佳氏「坂本龍馬を学ぼう」学習指定校 2年間の取り組み
  • 竹内土佐郎氏「"安田の海"は知っている~地域が紡いだ龍馬出会いの人生~」
  • 永國淳哉氏「龍馬・最後の帰郷」

会期:2013年1月1日(火)~1月31日(木) 9:00~17:00

see-gallery20130101-syokasannin.jpg

髙松さんが“風”、藤田さんが“海”、竹内さんが“雲”を書いた合作を中心に、3人の書家の作品が並ぶコラボレーション展です。

会期:2012年11月1日(木)~12月29日(土) 9:00~17:00

see-gallery20121101-kusumot.gif

昨年に続き、第二回目となる今回は、盛りだくさんの内容でお届けします。関東・関西で活動する龍馬ファンのアーティスト(楠本剛・永野尋美)による龍馬や幕末の人物のイラストを展示する他、期間中に「劇団志 士座乙女座」による芝居や、似顔絵コーナーも。

芝居:11月17日(土)、18日(日)各日共、13時~、15時~の2回公演。
似顔絵:同日の芝居上演時間以外、随時。

また、イラスト展と併せて、展示アーティストの楠本氏も参加したよさこいチーム「桂浜・龍馬よさこいプロジェクトぜよ!」の写真展も同時展示いたします。

会期:2012年10月1日(月)~10月31日(水) 9:00~17:00see-gallery20121001-yamagishi.jpg
山岸孝子さん主宰"かぶらの会"の方達の現代俳画(絵と俳句)「わび」と「さび」の俳味ある作品約30点を展示します。

会期:2012年8月1日(水)~9月30日(日) 9:00~17:00

see-gallery20120801-pearl.jpg

総勢50名を超える日本を代表する漫画家やイラストレーター、そして現代絵画を含む絵師による、龍馬をテーマとした作品が一堂に集合します。


 

ごあいさつ

この展覧会は、日本の来るべき姿を自由自在に描き出した龍馬の豪放な発想に敬意を表し、現在の日本をリードしている代表的な漫画家を中心に、イラストレーション、現代絵画を含む多くの絵師のみなさまにご賛同いただいて生まれました。

2010年春、当時経営危機にあった長崎のハウステンボス支援のため、長崎に縁の深い龍馬をテーマにした展覧会を開催しようと、地元出身の漫画家&絵師のみなさまを中心にご協力をいただいたのが本展のはじまりです。以後、九州、四国を中心としたNHK支局のロビー展として巡回した後、龍馬の活躍と戦いの地、京都にある京都国際マンガミュージアム、さらには森下文化センター(東京都江東区)で「東京」への凱旋を果たしました。そしてついに、龍馬の故郷の地、土佐へ。龍馬像が見下ろす桂浜にほど近い坂本龍馬記念館という本物のふるさとに帰ってくることができたことで、龍馬の魂も長い旅を終え、やすらぎを得てくれるのではないかと思います。

ここには、総勢50名を超える日本を代表するマンガ家、イラストレーターの作品が集合しています。子供漫画、青年漫画、少女漫画、アニメ調、同人サークル、イラスト、そして現代美術まで、そのレンジの広さを、まずは存分にお楽しみ下さい。発想の豊かさや表現の多様性、表現力のレベルに驚かれる方も多いことでしょう。現在の日本の漫画を含むアートの世界は、これほどまでに広く活気に満ちているのです。案外、宇宙からの視線を持った男・龍馬の撒いた種は、こうした分野でも自由に花開いているのかもしれません。

「私の龍馬イラスト展」プロデューサー サエキけんぞう
高知県立坂本龍馬記念館

会期:2012年6月1日(金)~7月31日(火) 9:00~17:00

see-gallery20120601koushin.jpg

"手をつなぐ、手を握る、手を上げる、手をひろげる、手を叩く。"
人間のこんな動作は、みんな幸せにつながるのではないでしょうか。
これを龍馬さんと一緒にしたら、きっと嬉しい気分になれる。 
そんな気持ちで、みなさんに楽しく通り過ぎてもらいたい空間です。

                                       髙松 紅真

また、会場には皆さんにも「手」を自由にかいていただけるコーナーが設けてありますので、ぜひご参加下さい!!

会期:2012年4月28日(土)~5月31日(木) 9:00~17:00

see-gallery20120428takeuti.jpg

全国から公募し、武内光仁さんが審査したジョン万次郎の児童画約80点を展示します。

また、高知ラボ・パーティの皆さんによるイベント
「ジョン万次郎の英語手紙聞いて、歌って、遊ぼう!」150年前からのメッセージ 知っちゅうかえ?万次郎もすごいぞね!~も開催します。
 
日 時:5月26日(土) 1回目:14:00~14:30 2回目:15:00~15:30
 
新緑の5月は是非、坂本龍馬記念館2階の"海の見える・ぎゃらりい"を覗いてみてください。

会期:2012年4月1日(日)~4月27日(金) 9:00~17:00

see-gallery20120401takeuti.jpg

武内光仁さん作画の絵本「John Manjiro Was Here -ジョン万次郎物語-」の原画36点を展示します。

また、高知ラボ・パーティの皆さんによるイベント
「ジョン万次郎の英語手紙聞いて、歌って、遊ぼう!」150年前からのメッセージ 知っちゅうかえ?万次郎もすごいぞね!~も開催します。

日 時:4月7日(土)・21日(土) 1回目:14:00~14:30 2回目:15:00~15:30
 
陽春の4月は是非、坂本龍馬記念館2階の“海の見える・ぎゃらりい”を覗いてみてください。

会期:2012年3月1日(木)~3月31日(土) 9:00~17:00

see-gallery20120301posutar.jpg

当記念館の入館者アンケートに「幕末のお気に入りの人物を教えてください」という項目があります。この展覧会は昨年2月から1年間の集計結果をまとめた"幕末人気人物ベスト10の写真をパネル展示したものです。あなたの1票はどの人物へ?

会期:2012年2月1日(水)~2012年2月29日(水) 9:00~17:00

see-gallery20120201posutar.jpg

龍馬や同時代を生きた人々・文化、また、龍馬への熱き思いを持つ人々に焦点をあて、検証・考察する、昨年好評だった現代龍馬学会第2回パネル展示。
新しい観点から、学び前進する会員たちの活動をご紹介いたします。みなさまお誘い合わせの上、ぜひお立ち寄りください。

1  2  3  4  5  6

海の見える・ぎゃらりいとは

当館2階、海を見ながらゆっくりと作品を鑑賞してもらう事が出来るスペースとなっております。書、絵画、写真、色々なジャンルの芸術家の作品を展示しています。開催スケジュールは決まり次第お知らせします。

※「海の見える・ぎゃらりい」のみご鑑賞の場合にも入館料は必要です。受付で入館料をお支払いの上、ご鑑賞下さい。