「第4回高知県立坂本龍馬記念館・現代龍馬学会パネル」展

会期:2015年3月1日(日)~4月24日(金) 9:00~17:00

今年は「龍馬生誕180年」という、龍馬ファンのみならず龍馬記念館、当学会にとっても大切な節目の年、今こそ様々な形で"龍馬発信"をしていかねばならない時です。龍馬や関連人物、文化等に焦点をあて、独自の観点で発表し、4回目となるパネル展。テーマは無限に広がります。

see-gallery20150301-ryomaga.jpg

【パネル発表】

・網屋喜行氏 『明治維新の変革と「吉田東洋一族」の生き方』
・神谷良昌氏 『琉球に上陸したジョン万次郎』
・植田英氏   『龍馬のもう一人のお祖父ちゃんの墓所』
・渡辺瑠海氏 『桂浜の夏~桂浜龍馬プロジェクトぜよ!』
・森本琢磨氏 『上町人物列伝』
・三浦夏樹   『龍馬は武力倒幕派か平和倒幕派か』

海の見える・ぎゃらりいとは

当館2階、海を見ながらゆっくりと作品を鑑賞してもらう事が出来るスペースとなっております。書、絵画、写真、色々なジャンルの芸術家の作品を展示しています。開催スケジュールは決まり次第お知らせします。

※「海の見える・ぎゃらりい」のみご鑑賞の場合にも入館料は必要です。受付で入館料をお支払いの上、ご鑑賞下さい。