「龍馬と志士たち 楠本剛 作品」展

会期:2016年10月1日(土)~12月3日(土) 9:00~17:00

“海のみえる・ぎゃらりい”では6回目の展覧会となる兵庫県のアーティスト楠本剛さんの新作展です。龍馬をこよなく愛する楠本さんの作品は、その時の気持ちやひらめきにより、作品におけるタッチや色合いを自在に変え、潔く描き切るところに特徴があります。
今回の展示は、時代劇のワンシーンのようなものから、志士たちの言葉のイメージを形にしたものなど、思い入れある人物を中心に15点を展示しています。
「近年、メディアの影響で“龍馬”のイメージがどんどん変わっていく中、これからも泥臭い人間味ある龍馬さんや幕末の人物を描き続けたい」と語る楠本さんの展覧会、ぜひお楽しみください。

また、11月13日(日)には劇団“志士座乙女座”(ご自身の劇団)の公演「幕末動乱~さらば同士たち~」(10:00/14:00)も上演されます。こちらもお見逃しなく!

龍馬と志士たち楠本剛作品展

海の見える・ぎゃらりいとは

当館2階、海を見ながらゆっくりと作品を鑑賞してもらう事が出来るスペースとなっております。書、絵画、写真、色々なジャンルの芸術家の作品を展示しています。開催スケジュールは決まり次第お知らせします。

※「海の見える・ぎゃらりい」のみご鑑賞の場合にも入館料は必要です。受付で入館料をお支払いの上、ご鑑賞下さい。