ホーム >  調べる >  龍馬の生涯

脱藩

life-dappan1.jpg

江戸時代は、藩を出る時には藩の許可が必要で、関所で手形を見せなければならなかった。脱藩とは無許可で藩外に出ることで、現在でいえばパスポートを持たずに日本を出ることに当たる。文久2(1862)年3月、28歳で脱藩した龍馬は長州藩に行き、そこから薩摩を目指したと言われているが定かではない。そして、この年の秋江戸へ出て、幕府の軍艦奉行並(ぶぎょうなみ)である勝海舟(かつかいしゅう)の弟子となった。勝が書いた『氷川清話(ひかわせいわ)』によると、龍馬は自分を殺しに来たと書いているが、前・福井藩主松平春嶽(しゅんがく)の回顧録では、春嶽が勝への紹介状を渡したとなっており、龍馬に殺害の意図はなかったとも考えられている。
その後、勝は幕府から大坂湾周辺の海防を命ぜられ、その一環として神戸に海軍操練所を建設する。龍馬もそれに同行し、操練所に併設された勝の私塾に入門した。そこで勝の片腕として働くかたわら、海軍の修行に励んだ。

life-dappan2.jpg 元治元(1864)年8月中旬には勝の使者として西郷隆盛(さいごうたかもり)と面会した。『氷川清話』によると、龍馬は「なるほど西郷という奴はわからぬ奴だ。少しく叩けば少しく響き、大きく叩けば大きく響く。もし馬鹿なら大きな馬鹿で、利口(りこう)なら大きな利口だろう」と勝に報告した。それを聞いた勝は「坂本もなかなか鑑識(かんしき)のあるやつだよ。」と書いている。