ホーム >  調べる >  龍馬の生涯

年表

元号 西暦 坂本龍馬の動向 全国の動向
天保 6 1835 11月15日 高知城下の郷士坂本八平の次男として誕生  
弘化 3 1846

城西小高坂村・楠山庄助の塾に通うが、すぐに退塾。
この頃、母、幸死去

 
嘉永 元 1848 城下築屋敷・日根野弁治道場に小栗流剣術を学ぶ  
 同 6 1853 3月 「小栗流和兵法事目録」1巻を伝授される  
4月頃 江戸の北辰一刀流千葉定吉道場に入門  
ペリー来航時、土佐藩臨時御用として品川沿岸警備  
  6月3日 ペリー浦賀沖に来航
12月1日 佐久間象山に入門  
安政 元 1854   3月 日米和親条約調印
6月23日 剣術修行満期、高知帰省  
冬頃 絵師河田小龍を訪ね、世界情勢について啓発される  
 同 2 1855 12月4日 父、八平死去 幕府が長崎に海軍伝習所を設ける
 同 3 1856 8月20日 再び土佐藩臨時御用として江戸へ出立する  
 同 5 1858   9月7日 安政の大獄始まる
万延 元 1860   3月3日 桜田門外の変
文久 元 1861   5月15日 長州藩長井雅楽「航海遠略策」を献策
9月 土佐勤王党に9番目に加入  
10月11日 武市半平太の密書を持って、萩へ出立。  
  11月15日 和宮江戸到着
文久 2 1862 1月14日 長州萩で久坂玄瑞に会う 1月15日 坂下門外の変 
3月24日 沢村惣之丞と共に土佐を出奔  
  4月8日 土佐藩執政吉田東洋暗殺
  4月16日 島津久光率兵上京
  6月28日 山内豊範参勤交代のため高知発
10月頃 勝海舟を訪問し、その場で弟子入りする  
文久 3 1863 2月25日 勝海舟のとりなしで、出奔の罪が許される  
  3月4日 将軍家茂上洛
  3月11日 加茂行幸ついで4月11日石清水へ
4月2日 大久保一翁と面会し、大政奉還論を教えられる  
  5月10日 長州藩下関で攘夷決行
5月16日 神戸の海軍塾創設のため、勝の使者として越前福井へ向かう。   
  8月18日の政変。三条実美ら七卿は長州へ
  9月21日 武市半平太ら土佐勤王党主要員を捕縛
10月 海軍塾塾頭になる  
12月 土佐藩から帰藩命令が出たが、従うことなく再び出奔  
元治 元 1864   1月 参与会議が開始される
2月10日 外国による長州攻撃の調停役として、勝海舟が長崎へ派遣され龍馬らも随行する  
2月14日 勝の使者として熊本の横井小楠を訪う  
6月5日 池田屋の変で同志・北添佶馬らを失う  6月5日 池田屋騒動
  7月19日 禁門の変
  7月23日 長州藩追討の勅令が幕府に下る
  7月24日 第1次長幕戦争
8月頃 勝の使者として西郷隆盛と面会 8月5日 4ヶ国連合艦隊下関砲撃
10月 神戸海軍操練所が事実上閉鎖。龍馬らは薩摩の庇護を受ける  
慶応 元 1865   1月 長州藩主父子服罪
  3月17日 長州藩の藩論が「正義派」の唱える武装恭順に決定
  4月 長州再征布告
5月1日 鹿児島西郷宅に逗留  
5月19日 再び熊本の横井小楠を訪う  
5月24日 太宰府延寿王院で三条実美に謁見  
閏5月6日 木戸孝允と面会する  
  閏5月11日 武市半平太切腹
閏5月29日 慎太郎と共に下関を発ち上京  
閏5月 薩摩藩の援助を得て、亀山社中を設立  
6月24日 京都薩摩藩邸に入り西郷と会見。薩摩藩名義で長州藩に武器購入する事を承諾させる  
  6月下旬 乙丑の獄(筑前勤王党大弾圧。10月23日から刑罰執行)
  9月21日 長州再征の勅許
  9月23日 大久保利通西郷宛書状に「非義勅命」
10月3日 長州藩から薩摩藩へ兵粮米購入を周旋  
慶応 2 1866 1月10日 三吉慎蔵や池内蔵太と下関から京都へ出立  
1月21日 薩長同盟成立  
1月23日 伏見寺田屋で奉行所役人に襲撃される  
2月5日 木戸に求められ、薩長同盟の裏書きを記す  
3月5日 西郷らの勧めで、お龍と共に鹿児島へ出立  
5月2日 亀山社中の船・ワイルウェフ号沈没  
  6月7日~ 第2次長幕戦争
6月17日 下関で長州対幕府の戦争に参加する  
7月 この頃、亀山社中は経営難で解散を考える 7月20日 将軍家茂死去
  8月1日 小倉城落城
10月 蝦夷開拓を企画し、大極丸の購入を図る  
11月 旧知の土佐藩士溝渕広之丞に素懐を述べる  
  12月5日 徳川慶喜第15代将軍となる
  12月25日 孝明天皇死去
慶応 3 1867   1月9日 明治天皇践祚
1月12日頃 長崎清風亭にて、溝渕の仲立ちで土佐藩参政後藤象二郎と会見  
  3月 将軍慶喜が兵庫開港勅許を朝廷へ奏請
4月 亀山社中を改組して海援隊と称し、海援隊長となる  
4月23日 瀬戸内海で紀州藩船明光丸といろは丸が衝突し、いろは丸沈没  
  5月14日~ 四侯会議
  5月24日 兵庫開港勅許
5月29日 いろは丸事件の賠償金問題が解決  
6月9日 夕顔艦で後藤と共に長崎を発し上京。「船中八策」を提案する  
6月22日 薩土盟約成立(慎太郎と共に立ち会う)  
  7月6日 イカルス号事件発生
7月29日 英国イカルス号水夫殺害の嫌疑が海援隊に掛かる  
8月3日 松平春嶽から山内容堂宛の手紙を預かり、土佐藩大監察佐佐木高行に手渡す。そのまま佐佐木の船に同乗し、土佐へ帰る  
  8月20日 大政奉還建白を土佐藩論に決定(藩兵出兵は不可、将軍職廃止も削除)
  8月 遠江・三河・尾張で「ええじゃないか」の大乱舞(やがて全国へ波及)
  9月7日 薩摩藩が土佐藩へ薩土盟約破棄を通告
9月10日 イカルス号事件解決  
9月14日 ハットマンから小銃1300挺を購入契約  
9月20日 下関で海援隊士に200挺を託し、大坂に送らせた。その後龍馬らは土佐へ向かう  
9月29日頃 出奔後初めて実家坂本家に帰る  
10月1日 3日の土佐藩による大政奉還建白に合わせて土佐を出立する  
天候悪化のため入京は9日になる  
  10月3日 土佐藩が大政奉還建白書を提出
  10月6日 大久保利通、岩倉具視と中御門経之に面会し、王政復古について協議
10月10日 幕府若年寄の永井尚志に面会し、大政奉還建白採用を求める  
  10月14日 慶喜が大政奉還を上奏。この日薩長両藩に討幕の密勅が下る
10月16日 戸田雅楽と新官制擬定書を作成する  
10月24日 松平春嶽の上京と、由利公正の新政府への出仕を求めて越前へ  
11月11日 永井尚志に面会  
11月15日 近江屋で慎太郎と共に襲撃を受ける龍馬は即死  
11月17日 京都東山霊山墓地に埋葬  
12月7日 天満屋事件  
  12月9日 王政復古クーデター、小御所会議