吉田東洋暗殺之地

◆高知市追手筋2丁目1
◆電車堀詰下車、徒歩5分

012.jpg

高知追手前高校芸術ホール前の信号を南へ渡ると、追手前小学校の東側塀沿いに吉田東洋先生記念之地という違和感のある題名の碑がある。昭和33年2月高知市教育委員会の建立だ。繁華街帯屋町の近くであり碑の前は自転車やオートバイで隠され見落すことがあるから要注意だ。
吉田東洋は山内容堂に抜擢され藩の仕置役となる。江戸で山内家の親戚の者を接待中に相手の無礼に我慢できず、その頭を叩いたため一時免職となるが、復帰後はその手腕を振るった。常に公武合体路線を推進し土佐勤王党の主張を書生論として一蹴もした。このため文久2(1862)年4月8日、土佐勤王党の那須信吾、安岡嘉助、大石団蔵の3人によって斬られた。城中二の丸で藩主豊範に「日本外史」「信長記」本能寺の変を講義し、最終講義だったため酒肴にあずかり、亥の刻(午後10時頃)雨の中の帰り道だったという。