清岡道之助旧邸

◆安芸郡田野町土生岡
◆土佐くろしお鉄道田野駅下車、徒歩30分

032-2.jpg

二十三士殉節之地よりさらに500メートルほど北に行けば道は三差路となる。その右手に「清岡道之助旧邸、車で5分」の表示板がある。そこからすぐ山手に登ればよい。ここから旧邸までは800メートルほどの道のりだ。旧邸は土生岡の字の示すとおり、海抜55メートルほどの土生台地上だ。道はすべて登り坂と思えばよい。台地の上、開けた所に邸に向かって真っ直ぐな道があり、その奥に門構えが見える。
旧邸は道よりやや高く、広い4段ほどの石段を上がり、冠木門をくぐって入る。道よりは1メートルほど築き上げられた石垣と、その上に青竹の垣があり、庭には木々が茂る。門脇には「二十三士首領清岡道之助邸」の説明板がある。
邸の周囲数町歩の耕地は、もと郷士清岡家の領地で、道之助と弟半四郎はここが生家だ。邸は南に面し、一間半の玄関には、3枚の障子とその前に板縁がある。左手には瓦葺きの板塀があり、塀門をくぐると坪庭が広がる。邸は古色をおび、木目のうき出たぬれ縁と、白い障子に太陽が照りつけてまぶしい。邸の西北部奥まって白壁の土蔵もある。簡素な建物だが、郷士の邸らしく重々しい。

032-1.jpg

冠木門ごしに南を見ると、はるか台地の下に太平洋がまぶしく波を反射して見える。門の両脇にある大木は、その葉も濃緑のままで歴史の年輪を伝えている。
邸は昭和48年4月1日、清岡暎一氏により田野町へ寄贈され、現在町の文化財として保存されている。