須崎湾 須崎砲台場跡

 
◆須崎市
◆JR須崎駅下車、徒歩5分

◆須崎市
◆JR土佐新荘駅下車、徒歩10分

037-1.jpg

JR土佐新荘駅から、線路に沿って10分ほど須崎駅方向に引き返すと土佐藩砲台跡(国史跡)がある。
異国船の来航にそなえ沿岸防備のため文久3(1863)年7月から8月にかけて、東・中・西の三砲台が整えられた。現在、広さ51アール、長さ120メートルの西の台場が西浜公園として保存されている。
慶応3(1867)年7月6日、長崎星祭りの夜、英艦イカルス号水夫2人が殺害され、その嫌疑が海援隊にかかった。その夜海援隊の幹部菅野覚兵衛と佐々木栄は丸山で豪遊していた。同夜土佐藩船横笛が、続いて若紫も長崎を出港したから嫌疑は一層深まった。
英国公使パークスは犯人を土佐人と決めつけ、英国と土佐の談判という国際事件の舞台となったのが須崎港だ。
決着をつけるべくパークスを乗せた英艦バジリスク号は慶応3(1867)年8月6日午前9時に須崎港にあらわれた。すでに土佐軍艦夕顔と空蝉は須崎に碇泊し、幕艦回天丸も外国奉行平山図書頭を乗せ、薩艦三邦丸も土佐藩重役を乗せて待っていた。艦船5隻「舳艫相銜(じくろあいふくむ)で港の内外に投錨し、煤煙天に冲し今にも手切となれば、砲声一発血の海を湧かそうと人心競々として安き心もなく」、また陸では、「眼のあたり外艦の来航を見て、外国との開戦を危ぶみ、荷物を片付け避難し、警戒のため毎夜市中に松明を焚き、須崎浜白々昼の如く、雨中開戦のため蓑の用意、英人の首級を包む油紙大小数枚」(『真覚寺日記』より)も用意する騒動となった。

037-3.jpg

龍馬も松平春嶽から容堂への書状を佐々木三四郎に頼むべく兵庫出港間際の三邦丸を訪ねた。船上にて佐々木と善後策を講じているうち、船は出港し龍馬も三邦丸に乗船のまま須崎港に来てしまった。
談判は殺害についての確証はなくパークスも如何ともしがたく、もし下手人が土佐人と判明すれば相応の賠償金を支払わせるつもりであったが、談判は不調に終わったため、英艦は須崎を去った。
この談判にちなんで龍馬にもいくつかの話がある。龍馬は夕顔から陸の騒ぎを見て、服装様々の兵が右往左往、早くも開戦の気配が感ぜられたので大石弥太郎に「土佐人は何をしているのか怪しからん。英の艦長を見よ、まだ帆柱に平和の旗を掲げているではないか、戦争は早すぎる」と言うと大石も答に窮し、「いや戦争のつもりで来たのではないが、この機会に戦闘の練習をして士気を鼓舞するためだ」とその場をつくろうと、坂本も一応うなずいたという。(『須崎市史』)また談判の席上で龍馬が英国側の質問に声をたてて笑ったので、英国通訳官アーネスト・サトーに叱責されたという話も有名だ。
今にも砲門開かれようとした緊迫の空気はりつめた歴史の舞台須崎湾も、今は波静かにさざ波が浜に寄せるだけだ。小さい砂上に

浮いたような丸石が数個、石肌を波に洗われ陽光を反射し輝いていた。