江戸での御前試合の龍馬優勝について

カテゴリ:龍馬について
江戸で開かれた御前試合で龍馬が優勝したと言うのは有名ですが、実際は行われていなかった、というはなしをきいたことがあります。本当のところはどうなんでしょうか?
平尾道雄著 新版「龍馬のすべて」(昭和60年発行、高知新聞社)P.71によれば、山内容堂は剣客を集めて剣道大会(御前試合)を行ったとあります。平尾さんの書いた試合一覧表は、1857(安政4年)の鍛治橋の土佐藩邸で行われたもので、審判員は神道無念流の斉藤弥九郎、鏡新明智流の桃井春蔵(代人が出ている)、北辰一刀流の千葉栄次郎ら五人で、出場した剣士は、坂本龍馬、桂小五郎など、有名な剣の使い手がずらりと並んでいます。(52試合の組み合わせがのっており、龍馬も桂も勝った事になっている。)この試合表は、平尾さんが土佐藩剣道指南役・石山孫六の養子から提供され、興味をひかれて「海援隊始末記」にはのせたものの、「山内家日記」には、この試合が載っていないこと、その他の剣士の中でその時江戸にいない人も居て、結局これは作りものであるらしいという判断に至りました。
ちなみに龍馬が高知へ帰ったのは、安政5年9月3日です。つまり試合はいろいろあったが、海援隊始末記に載っている御前試合の組み合わせはニセモノということです。