鉄砲と龍馬と薩長同盟

カテゴリ:龍馬について
坂本龍馬は、鉄砲の社長だったらしいのですが、実際はどうですか?そこで、薩長の同盟をできたのは、龍馬が多数の鉄砲を西郷隆盛に受け渡り、
高杉晋作に受け、それで、同盟をできたそうです。それは、本当ですか?
龍馬が鉄砲の社長だったのかというお問い合せですが、龍馬は亀山社中(のちの海援隊)の隊長でした。この会社は貿易会社(武器も取り扱っていました)でもあり、海軍でもあり、様々なことが学べる研修機関でもあり、蝦夷(北海道)などを開拓も考え合わせる会社でもありました。このように、一言で言い表せる会社ではありません。
この亀山社中を使って、薩長同盟の一連として、薩摩藩名義で購入した武器や船を長州藩に売るということはしておりました。